スキーツアーはいつ出発する?夜出発と朝出発の違い

夜出発で時間を有効活用

スキーツアーに夜出発するということは、バスの車内で寝るということです。寝て起きたらゲレンデに到着しているので、時間を有効活用できます。しかし、バスの車内はどうしても揺れますし道路状況によっては時折振動が体に伝わってきます。つまり、しっかりと寝て体力を温存しておきたいのに、人によってはほとんど寝れないという状況になります。ひどい場合は一時間ぐらいしかまともに寝れず、ゲレンデで滑っている最中にも眠気に襲われます。フラフラしながら滑っても楽しめませんし、コンディションが悪くなって転倒や接触などの事故も起こりかねません。夜出発は時間の有効活用の面でメリットはありますが、バスの車内で寝れないなど神経質な方は避けた方が良さそうです。

朝出発で無理なく楽しむ

朝出発の場合は、朝に出発してゲレンデの場所にもよりますが昼前から昼に到着します。そこから夕方まで滑って帰るというツアーが多いです。ゲレンデで楽しめる時間は確かに少ないですが、半日で十分という方は朝出発の方が向いています。当日はバスに乗るため多少早起きしないといけませんが、自分の寝床でしっかりと睡眠できます。ベストに近いコンディションでゲレンデを楽しめるので、それだけ心地良さも増すのです。中高年や体力に自信のない方は向いているかもしれませんが、学生など体力に自信がある方は遊び足りないと感じる可能性があります。休みなしで滑り続ければたくさん遊べますが、疲労は蓄積します。

スキーツアーとは、スキーをすることを目的に数人から十数人の人達と行動しながら、雪の積もった様々な山地に訪れることをいいます。